2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

小4夏 enaをやめる

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

決めたら行動が早いのが我が家。

他の塾を探すか、しばらくは家庭学習で頑張るかは決めていませんでしたが、とにかくこのまま惰性で通塾するのはやめることにしました。

後期の授業料が引き落とされる前に手続きしたかったので、すぐに校舎へ出向き話をしました。塾長は今までの経緯から了承し、手続き完了となりましたが、帰り際に外部生も受けれる無料模試だけでも気が向いたら、受けに来てくださいとパンフレットを渡されました。

案外あっさりしたものだったなぁと思います。必死にネットで「塾、やめ方」を検索していたので拍子抜けしました。本人がもう辞めると決めているというのが効いたのでしょうか。それとも近年の都立中高一貫人気のせいか強気なのでしょうか。今後、塾なしで受検に臨むなんて無理ですよと最後に言われた言葉が引っかかりました。

 

enaで、夏期講習を数日受講しましたが、その間に近所に新規で開校した栄光ゼミナールへも私1人で行ってみました。

その時点でenaに通っていることと、enaでの授業の様子のこと、今すぐ通塾するとは決めてないが、体験授業を受けてみたいと相談しました。以前自宅から少し距離のある栄光ゼミナールが、とても好印象だったのですが、新規校だと実績もないので少し不安ということ、また転塾ということになると面倒なので、慎重になりますという思いも素直に話しました。

一番気になった授業妨害等の対応はどうかと聞いたところ、入塾するときの規約通りに対応しますとのことで、要するに周りに迷惑かけるような行動をすれば辞めてもらうとのことでした。

やはり4年生の公立中高一貫コースはなく、私国立コースの受講となるらしく、算数はカリキュラム的にもenaとそんなに変わりはありませんでしたが、国語と算数の2科目受講でenaよりも受講料は高かったです。その分教材の量は多いし、iPadでの学習システムもあるので環境面で言えば、優れているのかと思いました。

その後息子と話し合い、やはり塾に行きたいと言いましたので、体験授業を受講し9月より栄光ゼミナール生となりました。

自分でもあっさり決めたなと思うのですが、息子には少人数でコツコツやるのが合ってるだろうと思ったのと、やはり近場だったからだと思います。とりあえず4年の間は栄光ゼミナールでしっかり学び、5年のことはまた改めて考えようと思いました。どんなに親が良い塾、環境だと思っても通うのは子供ですので、またしばらくは様子見です。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村