2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

学校の先生に受検するって言う?言わない?

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

先日、学校の面談と塾の面談に行ってきました。

学校の面談では、普段の学校の様子のことを中心に話しました。ギャングエイジと言われるこの時期に友達関係が心配だったのですが、なんとか上手くやっているようでしたので、一安心です。

実は、以前とある塾の保護者説明会で受検することは、学校の先生に伝えておいた方が良いと言っていたので、言おうかどうしようか迷っていました。ほとんどの学校が5年、6年の報告書(内申点)が、合否判定に用いられるからです。もし区立九段中等教育学校を受検したいと思っていたら、4年の報告書も必要になるので、言わないでいるよりは言った方が忖度されることもあるとの見解でした。その塾長の身近な人が小学校の教員をしているらしく成績表(あゆみ)の付け方について話したことがある上での話でしたね。本当にそんなことあるのかと少し疑問にも思いましたが、これは担任の先生がそもそも中学受検に対して、否定的だったら当てはまらないだろうと思いますし、先生が本当にどう思っているかなんてわかりませんから、我が家は聞かれたら答えようと思っていました。今回は何も聞かれなかったので私からも話しませんでした。でも息子には提出物や、宿題、授業態度は成績表(あゆみ)に影響あるから、常に意識しておくように話してあります。報告書は3学期のものが必要となりますので(6年時は2学期)1学期と2学期で「よくできる」がつかなかった所を3学期はどうするか話すことは大事だと思います。息子は8教科の中で、1科目だけよくできるが足りなくて苦戦してますので頑張って欲しいですね。

また入塾して2ヶ月が経ち、塾の方でも面談がありました。面談と言うより、冬期講習と5年時のコースの案内がメインでしょうか?  5年になったら、私国立コースではなく、公立中高一貫コースに進むと思っていたのですが、先生から提案があったのは、このまま私国立コースで行く方が良いとのことでした。理由としては、演習量の多さと息子にもう少し負荷をかけても大丈夫そうだと言う点です。私国立コースでも適性IIとⅢには充分対応できるとのこと、記述対策には、Z会の作文講座をやりましょうとのことでした。実際にそれぞれのコースのテキストを見せてもらうと厚みが倍くらい違いました。おそらく受講料も違うのだろうと思いますが、まだ時間はありますのでじっくり考えたいと思います。

今週末は、アタックテストです。算数は約数と公倍数、方陣算の単元です。大体わかっているようですが、少し不安要素もあるので、演習をしっかりしていきたいと思います。

まず算数からはじめる公立一貫校対策 教科書のまとめと適性検査問題 [ みくに出版 ]

価格:1,296円
(2018/11/12 19:21時点)
感想(1件)

こちらの本には、約数と公倍数、碁石を並べた方陣算の演習問題が会話形式でわかりやすく載っています。会話の中を埋めていき、規則性を探し出し答えを導き出すようになっているので、息子は取り組みやすいようです。適性検査型の本に取り組む時は、なるべく塾でやっている単元のところを見つけて、部分的にやるようにしています。全く習っていない割合などはまだ手をつけていません。分からないと気持ちが折れて不貞腐れたりするので、わかりそうな問題から取り組んでいます。今のところこの方法が息子には合っていると思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村