2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

受検する子のママは孤独

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

2019年に受検する子達は、もうラストスパートの時期でしょうか。他の方のブログを見ても、緊張が伝わってきます。2年後は我が家も過去問を解き毎日不安と緊張の中、2月3日を迎えるのだと思うと少し怖いですね。子供にとってやりきったと思えるように、サポートできればと思います。

母には、受検のことを相談できる相手はほぼいません。だから、他の方のブログを読み漁ったり、本を読んだり、塾の先生に聞いたりしています。不安になったとき、ネットの掲示板で同じような書き込みをみて、ウンウンわかる!と思いながらやり過ごします。リアルでは、とても怖くて言えません。そして母も初めての中学受検に不安であることは子供には悟られたくないのです。だって、母は息子の強いサポーターでなければならないんですから。なので夜こっそりブログを読み漁って、翌朝寝坊しても、ご飯がちょっと手抜きでも、気にしません!そんな日もある。まずはさっさと支度をして問題を解こう!そんな気持ちの朝です。

 

昨日は注文しておいた四谷大塚の予習シリーズが届きました。算数4年演習問題集下はすぐに解答を切り離します。丸つけするにしてもこのままではやりづらい…我が家は数回解くこともあるため基本的に書き込みしませんが、ページの上部に日付だけ小さく書き込みます。息子がやる気モードの時は少し苦手な分野をやります。やる気がない時は得意な分野から始めうまくいくと、やる気が出るみたいなのでもっと解くと言うのでそうなったら、母はシメシメと思いながら、ページを追加します。解けない問題でグズグズやるよりも、解けそうな問題をどんどん解いていきます。時折初見の問題にあたると、ウーンと唸っていますが、気分が乗っているので向き合うことができるようです。今回は、約数と公倍数のところで一問つまづいたので、そこは後回しにして少数の分野を解き、最後にもう一度つまづいた問題をやらせました。ひとつヒントを出したら、意外とすんなり解けたので、あまり時間がかかりませんでした。この方法がいつまで通用するかわかりませんが、わからなくてグズグズモードになるのを避けて、12月中には4年下を終わらせたいですね。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村