2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

5年生になったらかかる塾のお金の話

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

昨日、栄光ゼミナールから2019年度納入金明細表がお手紙で届きました。

受講コースは、小5私国立中入試対策算数・国語となっていました。栄光では、学年が変わっても自動更新に近い感じですね。事前に先生から公立中高一貫コースではなく、私国立コースで進めてはどうか?とお話しがありましたが、その話があったきりどうするかはっきり先生に伝えていなかったのですが、この手紙をみると私国立コースとなっています。変更の希望があれば連絡下さいとのことですが、我が家は色々検討した結果、5年では私国立コースの2科目を受講し栄光のZ会の作文講座をオプションで受講しようと思っています。

今回はZ会の作文講座を除いた明細表が届きましたので金額を公開したいと思います。

 

月謝(算数・国語)32,400

維持費                2,160

教材費             2,079(実際は2.7.8.9月のみ徴収ですが月割りにしています)

テスト費       3,960(2.8月は徴収はありませんが、月割りにしています)

1か月合計     40,599円

この金額の中に、季節講習の金額は含まれていませんので週2回2科目のみの金額です。

都立中高一貫専門塾のenaの場合だと、小5で週3回31,320円(教材費別途)です。教材費を入れたとしても、週3回ですから安くみえますね。

しかしenaの場合、毎月1回ある学力判定の日は授業日に設定されていますが、栄光では授業のない別日にアタックテストを行います。1日当たりの授業時間も、enaが2時間30分なのに対し、栄光では3時間20分となります。

我が家が塾を選ぶときに、ホームページなどで月謝などを調べましたが、実際に通ってみると、時間や教材の差だったり、別にかかる費用などを考えればさほど変わりはないんじゃないかなと思います。

それでもこのほかに外部模試代、季節講習代、理科・社会の家庭学習用のテキスト代、Z会の作文講座代などがありますので、覚悟しなければなりませんね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村