2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

栄光ゼミナール社員の過労死について思うこと 

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

栄光ゼミナールの正社員で、個別指導教室の教室長を務めていた男性が2017年11月に死亡したのは、長時間労働による過労が原因だったとして、渋谷労働基準監督署が労災認定していたことがニュースになっていますね。

 

栄光ゼミナールに子供を通わせている親としては、息子の教室の先生は大丈夫なのだろうかと心配になりました。新規開校した校舎ですし、先日も算数の先生が代わったばかり・・・。それに忙しい中、電話や面談で相談にも丁寧に応じてくれますので大変だろうと思います。

息子に最近先生どう?疲れてそう?と聞くと

〇〇先生は、他の栄光の教室の助っ人に行ってるみたいだよ~と言っていました。教室間で足りない部分を先生が移動することもあるようです。生徒たちに対しては元気よく声掛けしてくれているので息子も心配になるようなことはないようで、親から見てもほとんどの先生が子供たちのために一生懸命やってくれているのがわかります。

以前通っていたenaの先生も同じです。忙しいながらも質問に来た生徒に丁寧に教えているのを何度も見かけました。どこの塾もきっと先生は毎日授業の準備から生徒のフォローまで労働時間以外にも向き合ってくれているのだと思います。それに保護者への対応や事務作業、研修などもあれば時間外労働をしていない塾講師なんているんだろうかと疑問に思います。

栄光にお世話になっている我が家から見ても講師の数が足りないのではないかと思うことも良くあります。enaに通っているときも頼りになる先生は1人しかいなくて息子が質問したくてもその先生が他の授業に入っていることが多く、授業が終わるまで待っていたこともありました。

本当に評判の良い塾にしたいのなら、講師の数も適正に増やし生徒へ向き合う環境そして講師自身が健康でいられなければダメだと思うんですけどね。栄光ゼミナールの場合、少人数制や個別を売りにしているので、講師の人数を増やせないのでしょうか?それともブラックすぎて講師が集まらないのでしょうか?いずれにせよ、このニュースは衝撃的でしたし、今後このようがないことを切に願うばかりです。