2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

都立中を目指す小4・小5は2/3志望校に行ってみよう

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

以前塾の先生に、もし時間が取れるのであれば今年の2月3日の適性検査の当日に志望校の前まで見に行ってみるといいですよとアドバイスを頂きました。enaに通っているときもそう言われたなー。

母は、外部模試でも緊張したりしないし漢検のときも息子はケロッとしていたから、適性検査当日に志望校に行くなんて考えは全くなかったのですが、先生は模試などとは違う緊張感があるということと、塾の先生方が応援に来ていたりするので当日にしか感じれないこともあるということでした。

適性検査は曜日にかかわらず毎年2月3日と決まっているようですので、2年後の曜日を調べてみると水曜日となっています。ちなみに来年は月曜日…学校を休んでまで見に行くという選択肢は我が家にはないので、行くとしたら今年しかありませんね。

確かに、いくら息子が緊張しないと分かっていてもこればかりは当日になってみないとわかりません。なんせ定員に対して8倍とかの応募者数なのですから受検者だけでもざっと1000人を超えるのです。それに大手塾の派手な応援に不安になるかもしれません。当日の様子をあらかじめ知っておくことは、受検を考えている子にとっては必要だと思うようになりました。かといって当日関係ない私たちが野次馬のように見に行くことへの抵抗もあるんです。それに息子が別に見なくてもいいんじゃない?と言っているので我が家はまだどうするか決めかねています。でも見に行くとしたら、なるべく遠くからそっと見ようかなと思っています。そしてあわよくば息子のやる気がアップすれば・・・とも思ってる腹黒母です。こんなに受検者がいるんだ。もっと頑張らないとって思って~お願い。

適性検査当日はどんな感じなんだろうと思ったので、ちょっと調べてみました。

テストとテストの間の休み時間が私立中に比べて長いようです。休み時間の使い方などは参考になりますね。この時期受検経験者の親御さんのブログを見ていると、持ち物や服装などのアドバイスがとても参考になりますね。当日ベストを尽くせるようにサポートすることは親ができる精一杯のことですもんね。母もしっかり情報収集して行きたいと思います。

休み時間の使い方でわかりやすい記事があったので載せておきます。

適性検査当日、誤った休み時間の使い方とは? | E-style

検査当日の休み時間の使い方(続き) | E-style

 なるほどと思ったのは、都立中の受検会場には友人や知っている子などがいる確率は私立中と比べて高いということですね。やはり通学できる範囲の都立中高一貫校となればそんなに多くないので、どう休み時間を使うかはとても考えさせられるなと思いました。

息子は先日受けた首都圏模試でも、後ろの席の子が小さな声でずっと歌っていてすごく気になったなどと言っていましたので、精神面でも外部模試の経験を積んでいくことは大事だと思いました。