2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

塾の保護者会に行ってきました②

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

買ったおにぎりやパンは嫌だ。

おにぎりだけでもいいから作ってと息子に言われました。何も作らないとは言っていない。ただ憂鬱なだけ。大丈夫。頑張っている君を見れば母も頑張れると思う。君がテキストを開くのが憂鬱なのとそう変わらないよ。でも頑張るんでしょ?

そんな一日のスタートです。おはようございます。

 

 

保護者会の話の続きになります。

新学期のスタート案内と時期的に春期講習の案内かなと思っていましたが、春期講習をすっとばして栄光の森(夏休みの合宿)の話でした。

えっ!?早くない?まだサクラも咲いていないのに~。

 というものの、栄光の森は誰でも参加できるものではなく一定以上の偏差値が必要なのだとか。小5の夏期合宿では3月・4月・5月のいずれかのアタックテストにおいて4科偏差値63以上でないと参加資格が得られないそうです。先生は夏までには少し早い話ですが、3月からのアタックテストにむけてしっかりと学習していこうと子供たちに声をかけていました。よく資料を見ると合宿ではない通学型の講習もありましたがそこは華麗にスルーしていました。紹介してもらった合宿は、ある程度の学力がある子を集めて難関中学を目指そうというコースですので、我が家には関係ないと思うんですけどね。

隣に座っている息子を見てみると…

目がキラキラしているではありませんか!なんだいその顔は?

ああ、分かった!息子の頭には

選ばれし者だけが参加できるというワードに変換され、その場所に自分が立っている姿があるのだね??

我が家は都立中を目指すので、高いお金を払って難関私立中合宿に参加することは考えていません。しかしこれでモチベーションが上がるのであれば、しばらく黙っておこうと思っています。まずは演習量をこなして、結果をだそうぜ。結果がすべてだ!

 

そして2月から使用する新しい教科書が配られました。

今まで使用していたものよりも、分厚くて文字も心なしか小さくなっている気が…それは母の勘違いかもしれませんが。また新たな戦いが始まるのだとちょっとピリッとしました。算数はかなりの演習量になりそうです。自宅には予習シリーズも待機しているので、新学年スタートの前に少し進めておこうと思います。

しかし私国立コースなので、ガチガチの中学受験勉強です。正直ここまでやる必要あるのか疑問に思ったり、メンタル的にも不安定になりやすくて不安なんですけどね。お弁当問題もあるし・・・。公立中高一貫コースならもう少しゆとりあるのかな。

それに、先生に理科と社会のテキストもお願いしていたのにすっかり忘れられていたようで、そんなんじゃアタック4科偏差値63どころじゃないよと心の中でツッコんでしまいました。

帰宅後は少し息子もやる気がでたのか、算数をやりました。

しかし、やってもやっても算数ばかりなので不満のようです。

息子が言いました。

本で読んだんだけど、きちんとスケジュールを立てて学習したほうが良いんじゃないの?毎日算数メインだけどさ、他にも理科とか社会とか漢字とかバランスよくやりたい。

母の心の中は

うん。だ・か・ら・い・つ・も・予・定・立・て・て・る・じ・ゃ・な・い

予定たてても結局文句ばかりいって時間がかかるから算数しかできないのよ

と思いましたが、朝はなかなか頭が働かなくて算数も時間がかかるので作戦変更したいと思います。

朝は理科・社会・漢字を毎日1ページ、算数は既習部分の演習をできるかぎり進める

夜は算数の応用問題や説明をしながら一緒に解くことに変更しました。

これを1週間ごとに予定表に書き込んで行くことにしました。今のところ適性検査のための勉強は土日メインで進めていくしかなさそうですが、コツコツやっていきたいと思います。