2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

勉強方法見直しと塾の合格実績について

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

今日から栄光の新学年授業のスタートです。つまりお弁当も持参になるわけで、今日が仕事休みで良かったと思いながら送り出しました。

こんにちは。

 

先日の勉強方法について、色々アドバイス頂きまして一旦適性検査型の勉強はせず、栄光の私国立コースをしっかりやり毎月のアタックテストで4科偏差値68を目指していこうと思います。算数は栄光プラス予習シリーズでとにかく解く!   方針がしっかり決まったので、なんとなく不安だった母の心も落ち着きました。

 

まだ栄光ゼミナールの都立中高一貫の合格実績は出ていないのですが、早稲田アカデミーの小石川の実績は凄いですね。数字的にはenaの実績の方が上なのですが、その数字には10時間以上の授業を受けた人もカウントされているので本科生ではない可能性もあります。

以前息子が通っていたenaでも合格者2名のうち他塾に通っていて直前講習を受けただけの子もカウントされているのを塾長はおっしゃっていたので、割合にしたら低いのではと思っています。

9日の合格発表があってから、各塾の合格速報が出ていますが、速報が早いところやまだ出ていないところなどさまざまですね。繰り上げ合格も含めるとまだ若干の変動がありそうですが、小石川の実績を見ると、早稲田アカデミーサピックス、enaが多いのかなと思います。私立難関を目指す子達の併願先となっているのが分かりますね。昨年も繰り上げ合格が小石川は多かったので今年も同じような感じになるのではないでしょうか。

もはや公立中高一貫コースも私国立コースもさほどやることに差はなくなってくるのではとも思っています。enaに通っている子の保護者の方は、5年のテキストが配られたけれど、その中に予習シリーズも入ってたと言っていましたので、予習シリーズの問題は解けて当たり前になるような気がします。

気になる早稲田アカデミーの入試報告会に予約しましたので、どのような点に力を入れたのかしっかり聞いてこようと思います。

そして栄光ゼミナールの都立中高一貫の合格実績早く出ないかなと気になるところです。