2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

話し合いは平行線 でも息子の気持ちは固まっている

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

週末は話し合いをしましたが、息子の意志は固く難航しました。

時々二人とも熱くなって大きな声になってしまったりしたのですが、そんなときに限って、母のスマホと息子のipadのSiriが私達親子の声に反応するという出来事のおかげでクールダウンすることができました。

Siri、ありがとう。

親子喧嘩はSiriも食わないってね。

 

こんにちは。

 

週末のアタックテストですが、算数は92点でした。

 

当然このまま算数の受講をやめるということをあきらめるだろうと思っていたのですが、息子は自宅学習に切り替えると言います。

約束違うじゃーん!

母に教えてもらうという前提で、倍の量の問題を解いて力をつけたいとのことなのです。周りに合わせる授業では、時間の無駄だと思うと・・・。

もし自宅学習での限界を感じたとき、アタックでの成績が明らかに落ちたときはまた受講すればいいとあっさりしています。

 まぁ落ちないと思うけどってすごい自信・・・。

 

これに対し母は算数の受講をやめて本当に自宅学習で算数の力を伸ばしてあげられるかどうか自信がありません。

代わりの案として、個別を受講しては?と提案してみたのですが息子は個別は嫌だと言います。

もうね、本当に頑固なんです・・・。

 

栄光の前期テキストを広げ単元をチェックしてみると、おそらく教えられると思いますが、家庭学習となると感情的になったりすることをお互いに抑えられなければもう家庭崩壊になるんじゃないかと・・・。

そういうの分かってる?

塾へ行くこと(外注すること)ってそういうメンタルの面もあるんだよ?

 

とりあえず春期講習の時期になりますので、もともと春期講習の算数を受講しない息子はしばらく塾の算数授業から離れることになります。

 

母の気持ちは不安だらけですが、悩みすぎてもう本人がそう言っているのだからそれでいいんじゃないかとも思っています。まずはやってみればいい。受検をするのは息子なのだから母としての意見を伝えたのだから、息子の判断に任せるしかないのではないか。

 

転塾ということも考えましたが、息子に転塾すれば授業は楽しいのか?と聞かれ、やはり集団である以上息子の要求通りに行くかというとそうではないと思うのではっきりとは答えられませんでした。

 

週末にアタックテストで塾に行ったときに担当の先生が別の面談をしていたので、息子と塾の先生の間で話し合いはできていません。

でも息子の気持ちは固く、今朝の朝学習も新しい単元を積極的に解きました。まるで家庭学習でもやっていけると言わんばかりに・・・。

本当に理解しているのか、演習問題を解いて確認しなけれななりません。

母の責任は重大です・・・。