2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

ふまんがあります

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

息子が春休みに入ってからというもの息子がぐにゃっとしています。

息子の勉強に対する意識の低さ、生活面においてもダラダラとしていていつまでも歯を磨かない息子に対して通常の倍くらいのパワーで怒りました。

怒られてもへっちゃらな息子に今日はいつもの倍の課題を出しておきました。

 

こんにちは。

 

気になる通知表ですが、3学期はかなり評価が下がっていました。

1学期、2学期に比べると【よくできる】から【できる】になっているものが5個ありました。カラーテストや小テストは毎回100点です。これには少し驚きました。

息子はこの評価にとても不満があるようで、通知表を渡されたときに先生から

「勉強面はどの科目も完璧です。受検を考えているならアウトプットをもう少し鍛えた方がいいね」

と言われたそうです。

勉強面が完璧なのにどうして評価はよくできるじゃないの?

おかしくない?

というのが息子の本心のようです。

 

事あるごとに息子には口酸っぱく言ってきたのですが

評価には普段の学ぶ姿勢やノートなどのまとめ方なども含まれる

ということ。すっかり抜け落ちていたのでしょう。

積極的に授業に参加したり、調べたことをわかりやすくまとめるとか工夫したのか振り返ってみて、5年ではそういうところも含めて頑張ってみると良いよと改めてアドバイスしました。

小石川の報告書への割合は「よくできる」と「できる」の配点に大きな差はないものの「よくできる」であることがベストですので、5年からは一層意識していかなければなりませんね。

 

 

母がいつも参考にさせていただいているブログの更新が終わりました。

目指せ都立小石川合格_2019年受検: 小石川を目指す方へ(最終回)

更新された最後の記事がとても我が家にとってはありがたく、実際に合格した方の振り返りなどは考えさせられるものでした。

更新が終わってしまうのはとても残念ですが、今度は息子の番!と気持ちを引き締めて頑張って行きたいと思います。