2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

4月分のZ会作文添削

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

天気が良いので出勤前に布団カバーやらシーツを洗濯して干してきました。汗かき息子の布団が気になっていたのでこれでスッキリです。

天気のおかげで週末のやる予定だった家事が一つ減ったのも嬉しいですね。

 

こんにちは。

 

4月からスタートしたZ会の作文講座ですが、昨日添削された作文が返ってきました。

栄光の先生から教室で直接渡されたようで、休み時間に結果を見たところ添削の先生からの評価が良かったのでご機嫌で帰宅しました。

 

f:id:HIYORI0606:20190510122414j:image

 

今回のテーマは「自己紹介をしよう」だったのですが、息子にはテーマは簡単であったことと書き上げるまでにいくつかの工程を経て書きあげるため作文のルールにきちんと従っていれば良い評価がつくのではないかと思います。

実際に書いた作文用紙には赤ペンで添削先生より丁寧にコメントがいくつか書かれていて、添削先生の顔は見えなくても息子には効果抜群のようです。

息子は作文を書くことは苦手ではありませんが、具体的に書こうとしてややこしくなったり、書きたいことがありすぎてごちゃごちゃした内容になったりしがちなので、作文のルールや読み手を意識した文章が書けるようになってくれればと思っています。

適性検査対策になるかと言えば、今回のテーマのようなものではならないかもしれませんが、文章を書くということが苦にならないというか、書けるように導いてくれるような講座になっています。

たとえば、

 

〇〇へ遊びに行きました。

楽しかったです。

 

という定型文のような日記しか書けない子にはおススメだと思います。

学習の進め方としてはやはり最初は一緒に取り組む方が良いと思います。

我が家では、一緒にテキストを読みながら進み、こうだったよね?とかこういう表現もあるねなど意見しながら、最後に作文を1人で書かせてみました。

添削結果に気を良くした息子は、頑張れば優秀作品に選ばれるかなとやる気もアップしました。

次のテーマは「グルメレポーターになろう」です。五感を使ってオススメの食べ物の美味しさを表現し、添削先生に紹介するというものです。ここでも読み手を意識した文章を書くこと、どんな表現力を使うのか考えなければなりません。時間はかかりますが、一つの作文を数週間にかけて少しずつ書き上げますのでそんなに負担はないかなと思います。

我が家では、ちょっとした隙間時間や勉強の気分を変えたいときなどの時間を使っています。書き上げたことが自信になってくれればと思いますので、また次回の添削結果も書いていきたいと思います。