2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

小5公立中高一貫オープン第二回

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

仕事で新入社員が本性を現し始めたので振り回されてアタフタした日々を送っている母と、「お前 頭良いんだろ?この問題わかるだろ?答えろよ」と友達からの攻撃に疲労している息子、ここ二日ほど家では二人とも読書の世界にどっぷりつかり、現実逃避していました。

 

こんにちは。

 

読書で程よく感動して泣いたおかげでスッキリしました。

 

今日からまた張り切って行きたいと思います。

 

ちょっと前に受けた栄光ゼミナールの無料模試公立中高一貫オープンの結果が出ました。

 

適性検査Ⅰ 88点 (平均60.6点) 偏差値66

適性検査Ⅱ 71点 (平均50.6点) 偏差値61

 

総合順位  30番台/699人中

 

適性検査Ⅰはよくできましたが、まさかの適性検査Ⅱの正答率の高い計算問題を誤答し大きく点数を落としました。栄光の先生もここは落としてはいけないところですと指摘がありましたので、解き直しをしました。

落ち着いて解き直してみると、自分がどこで間違えたのか分かったようですので、また一歩前進です。

解き直しって時間が経てばたつほどどうでもよくなってしまうのですが、せっがく受けた模試ですので活用していきたいと思っています。

 

なんでこんな問題間違えたの?と言いたくなるのをぐっと我慢して、余計なひと言がやる気をなくすきっかけにならないように解き直しをさせるのが母の役目です。

 

前回と点数はさほど変わりません。

無料模試のせいか難易度もそんなに難しくないと思います。

 

www.hiyori0606.com

 

先生に、この模試の受検者が700人って少ないですねと聞いたところ、我が家は私国立コースにいるので案内しているが、公立中高一貫コースを受講している子はこの無料模試は受検せず、有料の公中模試というのを受けているとのことでした。

 

なんとなく、まだ入塾していない子向けのテストなのかなと思います。

 

公中模試とは私国立コースでいうアタックテストの位置づけだが内容は無料模試よりも難しく、よりしっかりした適性検査問題なので、もし息子が受けてみたいのであれば、別途料金はかかるが申し込みはできますよとのことでした。

 

適性検査に向けた勉強を何もしてないのに有料模試を受けることにはたして意味があるのかと疑問に思いましたが、あくまで息子が希望するならということですので今後は適性検査型模試は一旦お休みとなりそうです。

 

先生は先日案内のあった首都模試についても、基本問題が多いし受検者数も少ないので今後は6年からの四谷の合不合判定の方が良いでしょうとのことでした。

 

ここから半年はしっかり5年の算数を解いて、苦手分野がないように演習をこなしていきたいですね。算数ばっかりになってしまうので、息子が文句を言うかもしれませんが、うまくコントロールしながらやっていきたいと思います。