2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

6月 Z会作文添削

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

知り合いから毛ガニを貰いました。

 

そのまま食べられるよーと言われたのでお皿に乗せてボンっと食卓に出したら、息子はキッチンバサミを使って器用に身を取り出して、うまい!と言いながら食べていました。

 

誕生日はケーキじゃなくて、カニがいいなという息子…そんな贅沢は認めません。

 

こんにちは。

 

6月分のZ会の作文が返ってきました。

6月のテーマは、詩のようにリズムに乗せて雨を表現しようです。

言葉のリズムを意識して、擬音語や比喩を使った表現ができるか、またそれらを使って読み手にわかりやすいように書けるかがポイントですね。

 

息子は比喩が得意です。

気に入った表現を頭のどこかに入れておいて、いつか使ってやろうと貯金してある言葉がたくさんあります。

しかし、いざそれを文章の中で使うとうまく機能しません。ちんぷんかんぷんな文章になります。難しい言葉や表現を知っているのに、読み手を意識しないので、こじらせた文章が仕上がることが多いです。

母からのアドバイスはいつも、誰も知らない人が読んでも分かる文章が良いよと言いますが、全く聞き耳を持ちません。

 

そして評価はこんな感じです。

 


f:id:HIYORI0606:20190706130942j:image

f:id:HIYORI0606:20190706130940j:image

f:id:HIYORI0606:20190706130944j:image

 

総合評価はAですが、5月度にもB評価だった読み手にわかりやすい構成出かけるが6月もBでした。

 

詩で表現するというのは、息子にとって難しかったようなのですが、それでも読み手をもう少し意識して書くべきというのは、この評価でようやく認識したようでした。

 

お母さんの言う通りだね。

お母さんは算数はイマイチだけど、きっと作文は得意なんだね。

 

と言うなんとも上から目線のお言葉を頂きました。これで少し母のアドバイスにも耳を傾けてくれるかなと思っていますが、7月号のテーマは、自転車と自動車はどちらが優れた乗り物かです。説得力のある文章を書けるかどうかがポイントですね。

 

すでにワークを進めているので、それぞれのメリット、デメリットの書き出しは出来ています。あとはどういった視点で理由をつけていくか…。チラッと見たところ息子は環境に優しいという視点から自転車推しで行きそうな気がしますが、こじらせず説得力のある文章が書けるのか楽しみです。