2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

小5後期難関ゼミ認定

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

難関校に合格する子とはどんな子か?

 

宿題やらないとか、言わなきゃ勉強しないとかそんな次元の話なんて出てこないよ。

 

難関ゼミの資格があって、実際に親から行かせてもらえることがどんなに恵まれているか分かってる?

 

そんな言葉を塾の先生からかけて頂き、自分の意識が低いことを少しは分かったような息子…朝勉頑張りました。

 

と同時に母も色々と反省しながら丸付けをしました。

 

 

こんにちは。

 

小5後期難関ゼミの認定のお知らせが届きました。

8/28よりゼミの受付が始まっています。

定員になり次第締め切りになりますので、参加希望の場合は塾の先生に先にその旨を伝えておいた方が良いかもしれません。

 

後期難関ゼミ・最難関ゼミの学習予定単元は

 

算数:和と差・図形・速さ・割合と比

国語:説明文の読解・物語文の読解

理科:豆電球・昆虫・太陽と月・気象・植物

社会:国土・産業・都道府県・天皇と貴族・武士

 

となります。

 

いずれも通常授業よりも発展的な内容とのことで入試問題を意識した指導のようです。

 

ちなみに参加条件は

 

【小5後期難関ゼミ】

第4回+第5回アタックテスト 4科平均偏差値58以上

【小5後期最難関ゼミ】

第4回+第5回アタックテスト 4科平均偏差値66以上

※武蔵コースは別途基準あり

 

となっています。

後期難関ゼミは息子が参加した前期難関ゼミと会場や時間などは変わらないようです。

おそらくクラスも成績順になるのだと思います。

 

そして最難関ゼミですが、確定された定員は男子15名女子20名と非常に少ない人数となっています。全10回の講座となっており、100分×1日2教科で午前中で終わる受講となります。主な目標校(男子)は開成・麻布・筑波大駒場・海城・早稲田・栄光学園早稲田実業・渋谷学園渋谷・渋谷学園幕張となっていました。

 

小6志望校別対策ゼミの先生が担当するのでレベルの高い授業が受けられるというのがウリのようです。

 

併願する学校をまだ決めていない我が家ですが、先生からは資格があるのなら参加した方が良いのではというアドバイスをいただきました。

肝心の息子は、栄光の森での授業は楽しく刺激的だったから行きたいけれど、別に行かなくても全然問題ないんじゃない?という感じです。

 

以前早稲田アカデミーでの保護者セミナーでも聞いたことがありますが、私立難関を目指す勉強をしてきた子と都立の適性検査向けの勉強をしてきた子の合格率は変わらないとのことでした。栄光ゼミナールの中でも変わらないという結果のようですので、どのコースにいても上位をキープし続けることが合格へより近づくことになるのだと思います。

 

さて、息子どうするか?

まずは併願校決めなきゃな…。