2021年 都立小石川合格を目指す

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立小石川に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

SAPIXの分析力

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

最近、食後の胃のもたれがひどい母です。

腰も痛いし、疲れもなかなか取れず歳だなと嘆くばかりです。

 

こんにちは。

 

先日、仲良くしている友人からSAPIXで配られた資料の中から小石川に関する分析データが送られてきました。

 

母が併願全然決めてないとこぼしたのを覚えていてくれた友人。

ありがたいですね。

 

併願パターンを見ると、合格率は低いものの御三家との併願やその下の難関校と呼ばれるところとの併願が書かれていました。これはSAPIXの中での併願パターンだからだろうなと思います。

友人曰く、都立中高一貫校は小石川しか載ってなかったと言っていたので、今後もSAPIXの優秀層が都立併願するということも増えてくるのだろうと思います。

実際に2/3には、SAPIXの先生が一番乗りで応援に駆け付けていたと早稲田アカデミーの保護者セミナーで言っていたことからも、SAPIXの本気度が見えますね

 

実際に多い併願パターンはやはり、適性検査型入試を行っているところではないかと思っています。

適性検査型入試を実施している学校は特待枠も設けていますので、2/1に受検する子は少なくはないと思います。我が家もおそらく適性検査型入試を実施している学校を併願すると思います。

 

栄光ゼミナールの先生には、難関私立との併願も可能であるのでこのまま私国立コースで頑張りましょうとのアドバイスでしたが、息子の能力からいくとやはり適性検査型に絞った方が良いのではと思っています。

 

かといって、今学習している私立向けの理科や社会が必要ないわけではありません。

知らないよりは知っている方が、問題を解きやすいし時間も短縮できると考えているので5年の間は私立向けの勉強をしていきます。

 

SAPIXの教科別分析によると

 

【算数】

規則性は頻出分野で、理由説明の問題が毎年見られる。

文章が長く、条件が多く提示されることに加え時間のかかる桁数の多い計算がある。

小学校の教科書をベースにした出題であるが、私立向けの勉強をしているほうが有利。

 

【国語】

2つの文章を読んで設問に合わせて記述で解答するという形。

総字数は4000字ほど。

条件に沿って、いかに文章を正確に読み取れているか。

 

【社会】

社会的な視点をもとにした表やグラフの読み取り、データの数値を計算。

頻出テーマとしては、現代社会の諸問題。

 

【理科】

基礎学力を充実させたうえで実験観察問題に対応する力をつける必要がある。

 

とざっくり纏めてみましたが、さすがSAPIXだなと思いました。

いくら小学校の教科書の範囲内での出題と言っても、私立向けの勉強をしている子の方が有利です。それは間違いない。あとはどこまで適性検査型に寄せて仕上げていくかが課題となりますね。

 

息子は、そんなに器用ではないので6年の夏以降に適性対策するのでは遅いと思っています。でも今私立向けの勉強でいっぱいいっぱいですので、余裕がありません。

なんとかこの状態を抜け出したくて、個別指導塾へ相談に行ってみましたので、次はその辺のことを書いていきたいと思います。