2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

やる気があったり、なかったり・・・。

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

前回の記事から少し間が空いてしまいました。

 

みなさん頑張っているというのに、不安定な我が家です。

 

これくらい勉強すればいいかという怠惰な気持ちが息子にあり日々の勉強への姿勢がゆるゆるで、それを指摘すれば衝突してしまうのでうまく息子を乗せることができずにいました。

 

放置すれば糸の切れた凧のようにいつまでも自由を楽しむし、うるさく言えばイライラしながら机に向かい効率の悪い学習をすることになります。

 

だけど母だってしんどいときもあるのです。

もう言いたくない、だらけているところも見たくない。

母が欲張りすぎなのだろうか・・・。

 

 

どうしたもんかと思っていましたが、他校に異動になった先生が現6年生の激励のために息子が通っている教室へ来たようです。

 

そして、息子にも声を掛けて頂きました。

 

来年は君からの合格の報告待ってるからね。

アタックテストも頑張っているね。ちゃんと見てるからね。

 

と。

 

やはり褒めていただけるのは息子にはとても効果があります。

 

その日くらいから少しずつ戻りつつある我が家なのですが、まだまだ不安要素がたくさんあるので油断はできません。

 

  

そんな状況の中、enaの無料模試を受けてきました。

 

 

申込みをしたときは、がんばるぞー!という気持ちがみなぎっていたので、息子も模試には積極的な姿勢だったのですが、いざ受ける日になるとグスグス。

 

しかし外面良い息子は、以前お世話になっていたenaに行くとそれなりに先生と会話をしてきたようで、テストもしっかり受けてきました。

 

帰宅後の息子の感想は

 

んー。微妙。

難しくなかったけど、適性検査模試って感じもしなかった。

 

母も問題を見てみましたが、息子が言っている意味が分かりました。

栄光もそうですが、受検勉強している子にとって無料模試では物足りないかもしれません。

結果を見てもそうですが、これで浮かれていると痛い目みますね。

 

そもそも採点が甘い。

 

解答を見ると、問われていることから少しずれている記述でも〇がもらえています。

母は何度も解答とにらめっこしましたが、おそらく×じゃないかなと。

 

そして作文ですが、なんとなく問題の意図にそってなんとなく書けて入ればOKのようで、内容まではあまりチェックされてないようでした。

 

とりあえず結果です。

 

適性Ⅰ 90点/100点中 偏差値60.8

適性Ⅱ 78点/100点中 偏差値59.6

総合  100番台/2027人中 偏差値62.0

 

今後は公中検模試を受けつつ他塾の有料模試を受けていくつもりですが、その前に親も子供も気持ちを浮上させなければ!

 

まずは塾弁、好きなものを用意しよう。

それから「早くして」を封印。

息子の話を良く聞く、否定しない。

 

できることからやっていきます。