2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

銀本2016年終了!

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

・・・ダレてます。

 

暑がりな息子、

 

毎日ランニングとハーフパンツで一日を過ごし

 

母が指定した算数のテキストが見つからなかったからと

 

すでに3週終わっているテキストを引っ張り出してきてやり

 

こなしたページ数にドヤ顔。

 

夕方になっても寝癖が直っていないのは、昼寝した証拠。

 

どこにもないと騒いでいたテキストは

 

息子が読みっぱなしにしていた本の下(しかも目の前)にあり

 

ドッカーン。と我が家に雷が落ちました。

 

休校中、何度目だ!?

 

こんにちは。

 

わが子には、日々の生活の中において問題を自分で解決しようという気持ちが全くありません。

 

適当マンです。

 

興味のないことは覚えない。

なので言った、言わないの押し問答が日々繰り広げられています。

 

2016年度版の適性検査問題集が終わったのですけれども

 

何度も何度も何度も

 

問題文にある条件をしっかり読む

 

と注意しているのですが、なかなかの割合で読み飛ばします。

 

例えば、問題に

 

資料Aと資料Bからわかることを書きなさい

 

と書いてあるのにもかかわらず、資料Aから分かることしか書かない。

 

〇〇という言葉を使って説明しなさい

 

という問題も、〇〇という言葉を使わない。

 

条件がなければ正解ですが、条件に沿ってないので点数はもらえないと教えているのですが、全然響きません。

 

模試を受けると、息子の記述の仕方だと大体【説明不足】で減点されていたりするのですが、とにかく解答が簡素なのです。

 

指摘すると息子は

 

分かってる!

 

というのですが、ちっともわかっておりません。

 

だってこの1ヶ月、ずっと母が採点して注意しつづけていて昨日もまた同じように指摘しましたから。なんなら、母は息子の解答をみれば条件を読み飛ばしているかどうか分かるくらいになりましたよ。もうね、ある程度の答え方のパターンが分かる気がします。

 

これはもう母ではなく、第3者(個別の先生)とかに逐一指摘してもらった方がいいのではないかと思っています。母塾の限界?

窓を開ける季節になりましたので、ご近所様にもこのやりとりを毎回お聞かせするのも申し訳ないくらいです。

 

本人は、模試とか本番ではちゃんとやれると思っているのでしょう。

 

しかし、今できないことは本番でできるわけがありません。

 

そこんところが、まだいまいち分からないんですよね~。

 

今日から2017年度の銀本に取り掛かっていますので、今日からはとりあえず条件のところをマーカーで引きなさいと言いましたが、2~3日でやめてしまわないように母の鬼チェックを継続して行きたいと思います。

 

理科系の問題はまだまだ課題がたくさんあるのですが、2016年と2017年度の銀本を終えて、算数の部分はとてもよくできるようになりました。

図形の問題や規則性もあせらず解けるようになっていますし、本人が「この問題おもしろい」といいながらカリカリ手を動かすようになりました。

以前だったら、わからないと放り出しそうな問題も、放り出すことはせず考えるようになった気がします。

 

やはりあの分厚い銀本を1冊でもやり遂げたというのは自信につながるのだと思います。

 

できることも増えたこの2ヶ月。

 

ついついできないことを指摘してばかりになってしまいますが、1点でも多く、減点は1点でも少なくできるように、褒めるところは褒めて伸ばしていきたいと思います。

f:id:HIYORI0606:20200514160049j:image