2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

不安になっても仕方がない

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

こんにちは。

 

中学受験ブログではサピックスオープンの話題が多いですね。

サピックスは情報がとても多いので、すごいなぁと思いながら読んでいます。

少しずつでも、前のやる気マンの息子に戻ってくれたらいいんですけどね。

 

 

あれから息子は毎日夕方になると川沿いの公園へ行き友人親子に合流して、ゆるく鍛練をしています。

 

塾があれば行かないのでしょうが栄光ゼミナールを退塾したので、時間的には少し余裕があります。アタックテストもありませんし、やることはもっぱら銀本と四谷算数。

 

テストがないとどうしても緩くなってしまうので、立ち位置や苦手を洗い出すために、模試を検討中です。

 

個別指導塾からは毎日の宿題が出されていますが、それはきちんとこなしているようです。でも、母との勉強時間がだいぶ減りました。やるにはやりますが、今までは母がここまでと決めた範囲まで頑張らせていましたが、息子に何をどこまでやるか聞いて納得してからやっています。

なので、もう少しできるのになと思っても、そこまでで終わりです。

  

ゲームのことは言わなくなったので、反省はしているんだと思います。

ただ息子の好きなゲームはパソコンでもできるようで最近はどんなパソコンがあるのかに興味があるようです。

自作パソコンとかゲーミングパソコンの本を図書館で借りています。

結局、ゲームがなくなっても何かしら他のものに興味を持つようになって、それに時間を割くものだなと感じています。

 

また、母のなかでも

 

ゲームはダメで、外で2時間運動やったりするのはいいのか?

勉強以外の同じ2時間がゲームというだけでイライラし、運動ならいいのか?

それもまたおかしな話だな。

 

と思うようになりました。

 

ゲームはしなくなったけど、その分勉強の時間が増えたわけでもない。

 

 

友人が

 

子どもなんて遊びたいに決まってるじゃん。

良いんだよ。

ある程度寄り添って、あとは本人次第なんだから。

 

難しいこと考えたって仕方ないよ。

結局、勉強もやるようになるよ。

今まで頑張ってきたんだから、大丈夫。

 

なんて言うから、妙に納得したりもします。

 

できる範囲で頑張っていくしかありません。