2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

夏休みが来てほしくない息子

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

夏休みなんてないほうがいい。

 

学校行ってるほうが、メリハリがある。

 

と最近は学校生活が順調の息子が憂鬱そうに嘆く朝。

 

仲のいいクラスメイトが夏期講習のため学校を早退して塾へ行き、毎日遅くまで勉強しているということを聞き、受検生である自分もこれからくる夏休みに戦々恐々としているようです。

 

また、最近一緒に息子と登校するようになった友人も「夏期講習の代金すごいことになってる」とプレッシャーを感じているようです。そういった感情は息子にも少なからず影響があるようで、カレンダーを見てはため息ついています。

 

いやいや、ちょっと待って。

息子は、1コマ90分の授業を1日1コマペースしか受講していないから!

早稲田進学会の夏期集中特訓に申し込んだけどそれも4日間だけ。

ぜんぜん、ゆるい夏休みじゃないの???

 

と母の心の中ではツッコミまくりなのですが、ぐっとこらえます。

 

みんな頑張ってるんだね。

息抜きできるときは、適度に遊んでいいんだよ。

受験(検)勉強の仕方は、それぞれだから。

うちは遅くまで勉強はしないし(代わりに朝は早めだけど)、1日中塾ってこともないんだからやるべきことをしっかりやればいいんだよ。

 

 

息子は、憂鬱な気持ちを言いたかっただけかもしれません。

半分くらい納得したようなそんな顔をしてました。

 

あと少しで夏休みだけど、きっと今学校が楽しいと感じているからそう思うんだと思います。6年生になって初めて夏休みがないほうがいいなんて聞きました。

 

嬉しくもありますが、本心はしっかり勉強に取り組んでほしい。

 

環境を整えるのは母の役割ですので、モチベーションが少しでも上がるような秘策を用意して乗り切りたいと思います。