2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

母のやさぐれた心を癒してくれたのは学校紹介資料です

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

いや~産後のガウガウ期よりも酷いオラオラ期です。

 

他人の言葉ひとつひとつにイラついて

 

情緒不安定母です。

 

だから息子の勉強もみていても

 

何度も同じことを言わせるんだー!

 

と上手くいきません。

 

息子はいつも通りコツコツやっているのに

 

そのいつも通りにもイラついて

 

空回りです。

 

はぁ・・・。

完全に母がダメ。

母以外の誰かに教えてもらった方が絶対イイ。

 

週末にポストに届いていたのは

 

小石川の学校紹介資料。

 

コロナのせいで説明会などが中止になっているということで

 

申請すると資料が配布されます。

 

部活動の紹介や動画のURL、補足資料などが入っていました。

 

その中に、

 

令和2年度入学生からの受検アドバイスが入っていました。

 

1人2~3行程度のアドバイスが100人分以上書いてあります。

 

受検勉強の仕方から精神的なものまで体験に基づいたものです。

 

これを見て、母はちょっと涙ぐんでしまいました。

f:id:HIYORI0606:20201019145211j:image

ああ、このコメントを書いてくれた子達は

 

頑張ってこの狭き門をくぐり抜けた子たちなんだなと。

 

このコメントだけでも

 

本当にありがたいと感じました。

 

殆どの子が、適性検査の対策はしずらいけれど

 

過去問を何度も解き直して勉強したと書いてありました。

 

つい、銀本はサクサク解けているのに

 

週末に解いている小石川の過去問になると

 

出来が悪いことに、テンションが下がってしまうのですが

 

どの子も難しいと感じていて

 

その中でも1点でも多くとれるように

 

考え抜く練習をしてきたのがわかります。

 

母は

 

今まで学習してきたことの

 

集大成として

 

過去問をとらえていましたが

 

ここにきて

 

過去問は何度か解き直し

 

【考え抜く】【仮説をたてる】【あきらめない】

 

という練習も必要なのだと思いました。

 

 そして

 

やっぱり難しい!

 

だから、完答するなんて無理なんです。

 

1点でも多くとる!

 

そして難しいと感じているのは息子だけでなく

 

同じ会場にいる受検生が

 

皆同じように感じているのだから

 

解いて解いて解きまくっていけば

 

経験値でカバーできることも

 

あるはずなんです。

 

だから

 

出来が悪くても

 

諦めずに解き直す!

 

これに尽きるのだと思います。

 

だからそこら辺を上手く母がアシストしなければなりません。

 

ただ解いて点数を見るのではなく

 

どう考えれば良かったか

 

仮説を立てて実際にやってみよう

 

とならないと

 

何も意味がないんです。

 

だから母も時間の許す限り

 

解きます(解説片手に)、ノートに解く仮定も書きます。

 

難しいんだからできなくて当たり前。

 

でもチャレンジしてみようよ

 

という感じでやります。

 

ここからは【粘り強く】ですね。

 

 

そして周囲の雑音はできる限りシャットアウト!

 

勉強ばかりでかわいそう。

 

なんて、そんなの関係ねぇ!

 

息子は勉強した分だけゲームやってるぜ!

ちょっとやり過ぎなくらいだけど

 

21時にはグースカピーだぜ!

なんならお昼寝もしてるよ。

 

どこの中学に行くかなんて言わないぜ!

だって受かるかわかんないし。

 

よそのお家と違うのはテレビをほとんどつけてないこと。

どうしても見たいのは録画してみる。

 

風邪引かないように、果物多めの食事です。

ビタミンビタミン♪お菓子もモリモリ。

 

だからかわいそうだなんて言わないで。

 

お義母さん。

 

がんばってねと言ってくれたら

 

とても嬉しいです。

 

 

後半は愚痴になってしまいましたが

 

受検(験)生のお母様、お父様

 

あと少しです。

 

頑張りましょうね。