2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

母は【送り出す】だけでいい

にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ

地元中進学でもいい

 

息子が放った言葉が頭から離れず、ダラダラ過ごしていました。

 

息子はあれから(母から見れば)最低限の学習のみの日々。

 

ただ、

 

友達に今更受検をやめるとは言いづらい

 

とか何とか言って、このまま受検は続行するようです。

 

個別塾の先生には

 

その辺の諸々ごちゃごちゃしたところは

 

相談していて、授業を少し休んだりもしていました。

 

個別塾の先生は、面倒な話もたくさん聞いていただいた上で

 

まぁ、メンタルですよね。

 

と。

 

そして、息子の場合そんなに心配はしておらず

 

息子と直接話してみたところ、

 

落ち着いてきた感じがしますので、そろそろ直前期らしく授業をしていきたい。

 

と連絡がありました。

 

まずは休んでいた分の振替授業の日程の調整をし、

 

ここからは、志望校の過去問に絞ってやっていくとのことでした。

 

母はですね、もう正直に

 

今までのように家で勉強を私が見るのは無理です。

ここからは完全にお任せしてもいいですか?

 

と聞きました。

 

すると先生は

 

そうですね。

それでいいと思います。

学校にきちんと【送り出す】、塾へ【送り出す】

試験当日【送り出す】だけで十分ですよ。

 

だんだん試験が近づけば、

それなりに本人も意識するようになるはずですから。

 

とありがたきお言葉・・・。

 

というか、正直なところ

 

どんなに素晴らしい塾に通っても、親のフォーローなしでは厳しいのが中学受験だと思っていたので、どうしても親が管理することを手放すというのは不安があったんです。

 

でも現状はそんなことをいってられないくらい母の豆腐メンタルが問題なわけで・・・。そして息子も母から自立しようとしている。

 

ただその母のせいで、息子が不安定になるのだけは避けたい。

ガミガミ、キィーキィー言わないためにも

少し日々の学習からは離れることにしました。

 

もちろん、宿題や体調管理などはしっかりやります。

 

心配なことだらけなんですけどね。

 

思春期×中学受検は、やっぱり大変です。