2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

【併願校】こんなに言っちゃっていいの??

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

週末は、併願校の学校説明会に参加しました。

もちろん、母一人です。

 

この学校は、比較的何度か足を運んでいるのですが

 

今回は入試出題傾向の説明会とのことなので

 

行った方がお得なのでは?という思いがありました。

 

結果的には

 

行ってよかったです。

   

 

というのも先月、他県の併願候補の説明会にも参加しましたが

 

かなり親切な出題傾向と記述のポイントなどの話があり

 

聞いているのといないのでは

 

【当日点の差が出る】と感じたからです。

こんなに出題傾向について言っちゃっていいの??というくらい。

 

また学校によってある程度記述のルールみたいなのが違うので

必ず確認が必要だと思っています。

 

他県の併願候補の学校は、校風と通学時間の関係で

 

受けないことに決めましたが(コロナのリスクも)

 

週末説明会に参加した学校については

 

併願することにしました。

説明会に行くたびに生徒さんの様子を見ていますが感じが良いです。

先生とのやりとりも明るく好印象です。

 

息子曰く、

 

練習校じゃなく、この学校も本番って感じで受けるわ。

 

とのこと。

ホント、口だけ番長だな。

 

こちらの学校の過去問はそんなに相性は悪くありません。

 

先月行われた模擬入試体験では8割弱くらい取れたかな

 

という感じだったのですが、

 

週末の説明会では、

 

その模擬試験で合格点を超えた子の順位が掲示されていました。

 

息子の順位はかなり良い位置にありました。

これは母もビックリ。

 

これなら特待合格も可能かも

 

とも思わなくないのですが

 

当日の出題傾向をかなり具体的にお話があったので

 

しっかり対策をしてきた子が点数を伸ばしそうです。

 

となると、我が家もある程度対策が必要です。

 

とりあえず5年分の銀本から、出題傾向に合った分野をピックアップして

 

もう一度解いていこうと思います。

 

まぁ、肝心の息子は

 

俺、余裕だわ。

 

とふんぞり返っておりますが、

 

母から見ても

 

だいぶ落ち着きました。

 

やっぱりメンタルは大事だなと・・・。

 

本命校の過去問(特に適Ⅲ)ばかりやっていると

 

だんだん息詰まるようなので、

 

時々2021年度の銀本の2週目をやりながら

 

スローペースでやっています。

以前の学習量の3分の1くらいですが・・。

 

本命校の過去問は家で解いて個別塾で間違えたところを解説。

 

個別塾に本命校の分をお願いすることで

 

母も気持ちにゆとりが持てるようになりました。

 

課題はまだまだあるけれど

 

少しずつ息子の調子が戻りつつあります。

 

やっと、やっとなんだかよく分からない真っ暗なゾーンから

 

抜けられそうなかんじです。