2021年都立中高一貫校受検日記

地元の公立中学校に行きたくない息子と都立中高一貫校に通わせたいフルタイム勤務の平凡な母の受検日記です

直前期だっていうのに…

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

先週末は早稲田の直前対策講座に行ってきました。

 

今までの模試や授業のプリントを貰い

 

受検当日の心構えや解き方の最後の確認ができたようです。

 

迎えに行ったとき、息子は

 

先生から言われたことを

 

自分の中で忘れないように、確認するかのように

 

母に伝えました。

 

その時少し

 

あっ、やっとスイッチが入ったかも

 

と思ったのですが

 

そんなわけありません。

 

相変わらず、毎日1~2コマの個別指導を受けに行き

 

気が向いたら、問題をある程度解く

 

あとは基本、ゴロゴロしているようです。

 

いつも通り過ごしたほうがいい

その方が緊張せず、当日を迎えられるから

っていうか僕はそもそも緊張しないけどね

 

とか

 

今からめちゃくちゃ勉強したとして

急に自分のレベルが爆上がりするとは思えない

 

とか言うんですよ。

 

母も負けじと

 

いや、今から勉強して偏差値が10上がるとか

そういうことを言ってるんじゃないよ

今勉強していることから、何かしら気づきや解く速さとか

微妙に進化して、当日あと数点稼げればいい

そういう思いで勉強してほしいんだけど。

 

と言うのですが

 

わかってる

 

の一言。

  

我が家は共働きで、母もこの時期仕事の都合がつかず

 

どうしても息子が一人で日中頑張らなければならないのですが

 

時間を有効的には使えておりません。

 

というか、1年前のほうが

 

息子も母も、かなりの熱量があったというか…

 

この時期、何時間も勉強してラストスパートしている子の話を聞くと

 

とことん不安になるのですが

 

不安になったところで何もできません。

 

やる量は少ないのですが

 

それでも

 

自分で解いて、解答をじっくり読んで

 

問題文に戻って、条件やヒントがここにあったと

 

気づくことが多くなったし、

 

作文は個別指導塾でだいぶ仕上がったと感じているようで

 

そういった意味では息子は

 

ポジティブに直前期を過ごしていると思っています。

 

普段静観している主人は

 

直前期の息子を見て母にコソっと

 

一体いつやる気になるかと思っていたけど

このまま当日を迎えそうだよね。

 

となんだか諦めモードなのですが

 

もう息子を信じて突き進むしかありません。