2021年都立中高一貫校受検日記

2021年都立中高一貫校は不合格、私立中高一貫校へ進みました。

今日が最後!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

昨日、都立中を受けたあと

 

息子は晴れ晴れとした顔をしていました。

 

適性検査ができたかどうかはわかりません。

 

本人は全力を出し切ったようです。

 

母もそれならもういいのです。

 

 

 

 

 

 

 

と言いたいところですが

 

適性検査Iの最初の問題、

 

おそらくコケテマス。

 

複数回答ありそうですが。

 

母が聞かなくても

 

息子が

 

色々問題こうだった、ああだったと

 

よく喋っていました。

 

本人が出来たと思っても

 

なかなか当てにならないと

 

話半分に聞きながら

 

じゃあ4日はどうする?

 

となりまして

 

受けたくない。

あの学校の問題はあまり好きじゃない。

 

という息子に

 

じゃあ今日は登校しなさい。

 

と母が言うと

 

受けに行きます。

 

となり、会場へ送り込んだところです。

 

実は

 

1回目の挑戦で

 

 

不合格

 

 

でした。

 

2回目の挑戦で

 

合格

 

でしたが、特待認定ならず。

 

1回目も2回目も

 

8割取れてると思う

 

と言っていた息子。

 

2回目は適Ⅰはともかく、

 

適IIも適Ⅲも知ってる分野ばかりで

 

自信満々でした。

 

だから余計に行きたくない気持ちもわかる。

 

もう、2日に受けた時以上の点数は取れないよ?行く意味ある?

 

という息子に

 

最後までやったら?

受けてみないとわかんないよ?

 

やりきったほうが、

あとで後悔はしないよ。

 

最初の予定通り今日を過ごそう。

 

というと最終的に納得した様子。

 

まさかの

 

不合格

 

で不安にもなりましたが

 

不合格になるはずないと油断してた息子が

 

何がダメだったんだろう

 

とか真剣に考え振り返ることが出来たので

 

良かったと思います。

 

 

母は、併願校の問題を持ち帰りができると勝手に思っていたのですが、回収されていました。

 

他の方のブログをみると、問題の持ち帰りや成績表の発行などもある学校もあるようなので、併願の候補とするならば、そういったところも知っておかなければ行けなかったなと反省しています。

 

息子は

 

都立の適性検査問題はどこの私立も真似できないと思う。私立寄りの算数だし、全然違う。

当日に、訂正箇所とか言われると完成度低くて不安になる。

 

と偉そうなことを言っていました。

 

本命校が終わり、言いたい放題です。

 

でもこれで

 

メソメソ、胃がキリキリの状態から

 

スッキリ、どうなっても次の目標を探そう!

 

と前向きな気持ちになりつつあります。

 

この数ヶ月、メンタル色々大忙しだったので、あとはゆっくり過ごしていきたいと思います。